着物からコートへお仕立て替え

着物からコートへお仕立て替え

今年の秋は早いなー。。

三連休はようやくの行楽日和、よいお天気が続きましたね^ ^  

さて、今年は思いのほか気温の低い日が続き、あたたかなアイテムの用意も欠かせません。。

着物から羽織へ

こちらは着物を羽織にお仕立て替えしました。小さい寸法で着れない祖母のお召し着物、ラメ糸と洒落たよろけ縞が魅力的でしたので長羽織へとお仕立て替えしました。

古いお着物ですので裄はいっぱいいっぱいでしたが、美しくモダンに生まれ変わりました。絹の袷の羽織は気温がグッと下がるとまずお袖を通したい1枚です。

【お仕立て替えの工程】

まずは着物を洗い張り→こちらは可愛い羽裏を選びました→羽織にお仕立て替え で約30〜40日で出来上がります


着物からコートへ

こちらは着物から対丈の道中着のコートにお仕立て替えをしました。こちらも小さくて着れない祖母の大島紬、モダンな柄行きが素敵です。裄は出ませんでしたので継いでいただきました。うまく柄合わせをしていただきましたのでほぼわかりません^ ^

大島紬は軽くて水に強く丈夫です。羽のように軽い素敵なコートに生まれ変わりました。ちょうど肩凝りも酷く^_^; 重いものは着たくなくて、軽くて着やすい紬ばかりを着ていた頃でした。対丈のコートは着物のコーディネートもありません、風除けに防寒にと大活躍!真冬はストールやファーをonして重たいコートは着ずにこちらで過ごしました。大島紬の魅力にまた魅せられた1枚です。。

【お仕立て替えの工程】

まずは着物を洗い張り→こちらは羽裏に着物の胴裏をそのまま使用しました→対丈の道中着にお仕立て替え で約30〜40日で出来上がります



昔の素晴らしい色柄の着物や手の込んだ紬、大切な家族の思い出の着物、また古いわけではないけれど寸法の合わないお気に入りの着物もお仕立て替えで素敵な逸品の1枚に生まれ変わります。そうして形を変えながら受け継がれていくのも着物の魅力ですね^ ^ かかる料金も初めからお仕立てする事を思うと数分の一です。

お仕立て替えのご相談もお気軽にどうぞ☆

さて、来週の日曜日は【大阪着物蚤の市1st】です。ぜひ遊びにいらしてくださいね

https://osaka-nominoiti.jimdo.com/

◆12月16日(土)13:00〜

繭から花へ「花まゆワークショップ」募集中です。

花まゆ ~繭から生まれた花~ 【ワークショップのご案内】

The following two tabs change content below.
tete
ブログを運営してます tete こと、村上悦子です。 大阪府出身河内長野市在住。 京都の呉服メーカーに勤務。その後着付け講師の免状を取得し自宅着付教室や着物の着付けを始める。 2015年10月に大阪・空堀に小さな着物屋 「月輪屋 着物と雑貨てて」をオープン。 夫婦で営んでいる。

月輪屋 着物と雑貨 てて オンラインショップ

月輪屋 着物と雑貨 てて