受け継がれる思い

受け継がれる思い

成人式でした。新成人のみなさまおめでとうございます。晴れやかな笑顔、お天気なんか関係ありませんでしたね(*´∀`*)

ついこの間、歴史ヒストリーのようなテレビで信長の本能寺の変を放送していたのを何となく見ていましたが、この戦国時代に滅びたと言わる幻の染、辻が花や当時の着物に描かれたと言われる着物の図柄の事をふと思い出していました。現在とは違い、命の儚い時代ですので母が子供の為につくる着物には、厄除けから子孫繁栄、また人の生きる道までが描かれていたと言われます。明日の命もわからない戦国の世、母の思いは着物の図柄にまで託されていた時代です。

時代は変わっても変わらないなぁと感じる母の思い。そして着物。母の思いも愛情もたっぷり込めて母から子へおくられる着物は、またその母から子へ。思いと共に受け継がれる。

お写真は成人式の前撮りです。

ご縁があり、お着付けさせていただきました。お母さまのお振袖をお嬢さまの寸法に少しお直しもさせていただきました。

こうして思いと共に受け継がれていく素晴らしさをひしひしと感じました。

The following two tabs change content below.
tete
ブログを運営してます tete こと、村上悦子です。 大阪府出身河内長野市在住。 京都の呉服メーカーに勤務。その後着付け講師の免状を取得し自宅着付教室や着物の着付けを始める。 2015年10月に大阪・空堀に小さな着物屋 「月輪屋 着物と雑貨てて」をオープン。 夫婦で営んでいる。

月輪屋 着物と雑貨 てて オンラインショップ

月輪屋 着物と雑貨 てて