十三詣りのお着付け

十三詣りのお着付け

きれいに晴れた空の一日。

本日は、Aちゃんの十三詣りのお着付けをさせていただきました。関西では十三詣りをされる方(盛んな土地柄やそうでない土地もありますが…)ちらほらとうかがいます。初めて大人の寸法(本断ち)の晴れ着を着る十三詣り。

数え年の13歳は、生まれ年の干支が、初めて回ってくる年になります。
子供が心身ともに大人に変化する、重要な節目の歳。
古くは、
男の子は数えの13歳に半元服を行い、女の子は髪上げの儀式。
それに加えて、数え年の13歳は、男女とも、人生最初の厄年に当たります。
十三参りは、厄払いを兼ねた行事でもありました…

肩上げや袖上げをしたその姿は13歳ならではのとっても可愛い初々しい姿です。とてもご家族の記念になりますね。

お着付けの間もおおっと言いながら静かに頑張ってくれましたね(^^;
ご家族の方に髪飾りをつけてもらってとても可愛くなりました♡

 

 

お着付けが終わってから、今度はご家族の方に髪飾りをつけてもらったりわいわいと賑やか。。女性が集まるとやっぱり楽しいですね^^
私は何気に撮影しておりましたが、鏡に映りこんでしまいました・・・

とっても可愛い笑顔。。

良き1日。

The following two tabs change content below.
tete
ブログを運営してます tete こと、村上悦子です。 大阪府出身河内長野市在住。 京都の呉服メーカーに勤務。その後着付け講師の免状を取得し自宅着付教室や着物の着付けを始める。 2015年10月に大阪・空堀に小さな着物屋 「月輪屋 着物と雑貨てて」をオープン。 夫婦で営んでいる。

月輪屋 着物と雑貨 てて オンラインショップ

月輪屋 着物と雑貨 てて