表情が変わる⁈

TSUKIWAYA KIMONOTOZAKKATETE

表情が変わる⁈

秋晴れ、快晴のお天気。気温高め、まだ単衣を迷わず着ています😅

さてさて、気に入った小紋の反物をお仕立てする時、はてと、柄の出方・イメージがわかないと、言われたりします。

たとえば、こんな大きめ横段の小紋なら、

①のように、これをこのまま熨斗目調に横の段を合わせて仕立てると・・・迫力ありますね、大柄な方に良いと言われたりしますが今はお好みです!洒落袋帯を合わせて付下げ風な着こなしも良いです^ ^

市松
大きめの市松になりますのでカジュアル感があって人目を惹くような面白さもありますね。※私もこちらの柄合わせにしました!(大切にしている帯を合わせたかったので、色合いも淡いグレーと薄墨桜の配色です)大きめ大胆な市松風ですが、色合いが優しいので上品な雰囲気です。カジュアルですが、少しきれい目の1枚です。

③段を少しづらして動きのある軽快な柄合わせはどんな方にもどんなシーンにも着易いですね。

さてさてお好みは?

お仕立ての前に、上前の感じを実際に確認したり、絵に描いたものなどをしっかりと確認して、イメージをつかんでくださいね。

長襦袢は、

夏用のものを愛用しています。

こちらは絹麻の長襦袢、絹と麻の両方の良さがちょうど良く気にいっています。そしてこの時期は濃い色目。白を着ている時とはお単衣でもニュアンスが違います。(透けないきものですが、白を着ている時よりもこっくりとしたように感じます) 見えても夏っぽさもありません。

快適に着物を着ると、本当に心地良いものです。微妙な季節、無理はしないのが一番ですね^ ^

ちなみにこの横段のお着物は、

竹絹光沢織】のお着物です。竹糸絹糸を使って織られた生地は、紬とやわらかものの中間のような、軽くてしなやかな風合いです。竹の持つ抗菌・防臭効果はそのままに、吸湿性に優れ、また竹と絹が生み出す鮮やかな光沢、竹の持つ染色効果、美しい発色も最大の特徴です。艶やかで軽く、素晴らしい着心地を実現しています。

The following two tabs change content below.
tete
ブログを運営してます tete こと、村上悦子です。 大阪府出身河内長野市在住。 京都の呉服メーカーに勤務。その後着付け講師の免状を取得し自宅着付教室や着物の着付けを始める。 2015年10月に大阪・空堀に小さな着物屋 「月輪屋 着物と雑貨てて」をオープン。 夫婦で営んでいる。

月輪屋 着物と雑貨 てて オンラインショップ

月輪屋 着物と雑貨 てて